カテゴリー
室長・ゆうこより

『出来ること』と『出来ないこと』

私は一人の人間に過ぎないが、
一人の人間ではある。

何もかもできるわけではないが、
何かはできる。

だから、
何もかもは出来なくても、
出来ることを出来ないと拒みはしない。

ヘレン・アダムス・ケラー
(Helen Adams Keller、1880-1968)

 

三重苦(聴力、視力、言葉を失う)
背負いながらも教育・福祉に
尽力されたことは有名なお話

 

そんな彼女のこの言葉は深い

 

わたしは、
できることは全力でやるを
モットーとしているけど…

 

面倒くさがり屋なとこもあるから
ちょっと躊躇することもある(笑)

 

そんないい加減なことしたら…
ダメ!
ちゃんとやりなさい!!!

 

って決まりを自分で作って引き受けて
追い込んで、首絞めて、苦しむ

 

その時点で
出来ないことをしようとしていた証拠

 

出来ることを出来ないと拒みはしない。

 

この『出来ること』とは、
能力だけの問題ではなく
身体的や精神的、時間など

 

自分自身の環境をも
しっかりと判断して出す
『出来る』だと思います。

 

でないとかなりの確率で…
やるやる詐欺になったり
やっても中途半端になったり

 

双方に被害を与えることになる

 

もちろん、
ちょっと無理してでも
頑張ってやる時があってもいい

 

そんな時には
周りに助けを求める覚悟を持って臨む

 

助けを求めることに
こんな覚悟をする人は…
そうそういないと思いますが
わたしはそんなひとです(笑)

 

そして『出来ない』と言うことは
決して恥ずかしいことでもなんでもない

 

まんまの自分の状態を素直に感じて
冷静に判断しただけの結果

 

な~んて言ってますが
わたしにとって
まだまだハードルが高いこの言葉

 

自分のためにも
相手のためにも
必要なときには使いながら
できることは全力で!
やっていきたいと思います。

 

『わたし時々、看護師』のつぶやき。より

 

お気軽にご参加ください!

お問い合わせ『参加申し込み』より
お待ちしております♪